転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

胆のうは沈黙の臓器

診察室

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

予後のQOLも考えた治療

看護師

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

予後不良のがん

医者

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る

不可避な病気への新対策例

ハート

人間にとって1度はかかる確率があるとされるがんの治療法では、従来の方法だけで無く免疫や医薬品・遺伝子研究を活かした治療法が検討されている。それによって個人に合った対処が期待できる。こうした治療法は転移型と呼ばれる、局所的な対処が難しく患者や治療者に負担がかかるタイプへの対策として開発されている。

詳しく見る

早期発見と予防のために

医者と看護師

食道がんは進行が速いがんであり、治療・完治のためには早期に医療機関に見てもらうことが重要です。喫煙や大量の飲酒は食道がんのリスクを大きく高めます。タバコ・酒をやめたり食習慣を改善することで予防につながります。

詳しく見る

のどに出来る癌

相談

咽頭がんは早期の段階で治療を開始すれば5年生存率が80%以上あるため完治することができる癌なのです。症状が現れにくいので定期的な検診を受け、少しでも喉に違和感を感じるようであれば耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

詳しく見る

周辺臓器への拡大と生存率

ドクター

胆のうがんは他の内臓に転移しやすいがんです。そのため、発見するのが遅い場合は手術すること自体が危険で、手術に踏み切れないケースもあります。また、手術をしても再発の可能性も高いです。普段から健康に気をつかうことが大切です。

詳しく見る

早期発見すれば治る病気

聴診器

色々ながんがありますが、今では早期発見して治療すればほとんどが治ります。早期に発見できなかったがんの場合は、リンパや血液の流れに乗って転移することがあります。転移を予防するためには手術後も主治医の指示に従って定期的な検査をすることが大切です。最近では免疫療法などの術後補助療法が行われます。

詳しく見る

大事にならないための対策

ナース

食道がんは飲酒をすると顔が赤くなる体質の人が発症しやすい傾向にありますので、該当する人は注意が必要です。食道がんは早期発見、早期治療が重要です。早期だと自覚症状がないのですが、内視鏡検査を受ければ、発見できます。ですから、定期的に人間ドッグ等を受けるべきです。

詳しく見る

厄介な場所に発症する癌

病院

咽頭がんは上部が頭蓋骨付近から下部は食道付近まで広範囲な場所に発症します。手術は進行がんになっている場合に選択される治療法で、放射線治療や抗がん剤治療で治療する形が多くなっています。手術では音声機能を失う場合もあります。

詳しく見る

悪性度が高いがん

医者

胆のうがんは大きな胆石がこの癌を誘発するものと考えられていますが、70歳以上の胆石の人の胆のうがんは年々と少なくなっていることから、高齢になると胆石は関係がないものと言われています。若いころの胆石は注意が必要になってきます。

詳しく見る

医療機関の選び方

病院

検査設備が充実しているか

体の異変があった場合は医療機関に受診しますが、病院を選ぶポイントとは何でしょうか。特に生命予後の関連が高い「がん」について述べたいと思います。 「がん」は早期発見・早期治療が必要ですが、その理由のひとつとして転移という問題があるからです。転移は他の臓器にがん細胞が移っていくことですが、全身に広がると治療は極めて困難となります。こうならない為にも検診など定期的に受けることが必要です。このような検診を受ける場合、施設の選び方は診断できる検査機器が充実していることが何よりも重要です。例えばPETがあります。PETは全身を範囲としたがんを検査することや転移の部位を特定することを得意とする機器ですので、PETの有無が判断材料となります。高額な機器ですので、設備がある施設は限られます。今ではインターネットで容易に検索ができますので、まずは利用してみましょう。

治療メニュー

がんの治療は、主に外科的治療と化学療法、放射線療法があります。外科の名医が在籍している場合、その名医に外科的治療をお願いしたく、その施設を選ぶことも必要です。しかし、現代の医療は専門医制度も確立されており、医師間の技術の差は少なくなってきております。 また、化学療法も副作用を極力抑え、それぞれの部位に効果のある抗がん剤が開発されております。よって、外科的治療や化学療法は、ある程度どこの施設でも均一の治療ができるようになっており、施設選択の基準としては判断しづらい情報でしょう。 今後、がん患者さん求める治療として放射線治療があります。これは既存の放射線治療ではなく、陽子線治療若しくは重粒子線治療のことです。残念ながら保険診療ではないのですが、先進医療のひとつとして国に認定されております。設備を有する施設として全国でも片手で数えるほどしかありません。この治療は従来の放射線療法では照射が不可能であるがんを得意とし、放射線による周りの健常組織への障害を極力抑えた治療法で、転移性がんにも有効です。現在でも治療に悩むがん患者さんが多数受診されていることから、全国的に普及することが待ち遠しい治療法です。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る