転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

不可避な病気への新対策例

ハート

新治療法の確立

人間にとって長く生きる間に、1度は起こり得る確率のある病気には幾つかの種類が挙げられます。がんもそうしたタイプの1つに位置付けられています。がんとは何らかの原因によって遺伝子が傷ついた細胞によって起きると考えられています。問題の生じた細胞が増殖し、その細胞群が通常の細胞とは異なる働きかけをした結果、体に様々な異常を引き起こす様になった状態あるいは細胞群を指しています。そして遺伝子損傷は長年生きる間に必ず起こり得る現象だとされます。こうしたがん治療では従来、手術による切除や抗がん剤・放射線による細胞撃退を主とした方法が一般的とされていました。しかしこうした治療法は、通常の細胞さえも損傷して患者の負担が増えやすい他、副作用などの確率も完全に無くせている訳では無いとされていました。そこで現在では、人間が持つ正常な免疫機能をより活用する方法や、副作用を限り無く抑えられる様な医薬品の開発が進められています。また遺伝子面の研究と共に、患者の個人差に対応した治療法の確立も進められていると言われています。

広がり方のタイプ分け

そもそも、こうした新しいタイプの治療法への注目が集まった背景の1つには、がんが広がる仕組みにあるとされます。がんは主な区分けとして、原発型と転移型とに分類されています。原発型とはある個所で局所的に発生したがん細胞群が、その臓器や部位を中心に広がるタイプとなっています。一方の転移型は、ある部位で発生した細胞群が、血管やリンパの流れに乗って全身の各所に広がり、再び移動した先で大きくなるタイプです。この転移型ががん治療において厄介なタイプとされています。早期の原発型であれば手術や放射線によって局所的な対応が見込めるため、患者の負担を抑える事と完全な撃退が期待出来ます。しかし転移型となった場合、元々の発生個所での細胞群を撃退できても、他の個所に広がった細胞群にも対処する必要があります。そのため、抗がん剤による全身治療を行う事が基本となります。すると治療する人・される人双方に副作用を抑えるための対処も求められ、完全な撃退を判断する事も難しくなる側面も挙げられていました。そのため、免疫や新薬を使ったより副作用や対処が軽くなる様な方法が研究されています。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る