転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

早期発見すれば治る病気

聴診器

免疫療法によって発生予防

がんには色々な部位に発症しますが、早期発見して治療をすればほとんどが治るようになっています。ただし発見が遅れると手術などで患部を取り除いても、他の臓器に転移する可能性があります。転移したがんというのは最初に発生した部位のがんと同じ種類のもので、他の臓器で再び増殖をするのです。転移の特徴にはリンパの流れによって運ばれる場合、血流に沿って移動する場合などがあります。そのため手術で患部を摘出する場合にはリンパ腺も切除することになります。がんの転移を予防する治療法として注目されているのが、免疫療法です。これは人間の身体に自然に備わっている免疫力を高める治療法で、がんの摘出手術のあとに行われる治療法です。

術後補助療法で予防する

がんの転移や再発を予防するためには、主治医の指示に従って定期的な検査をすることが大切です。もし転移していた場合でも早期に発見できれば治療によって治すことができます。また転移や再発を念頭において先に予防治療することも大事です。これを術後補助療法といいますが、先に述べた免疫療法もその中に含まれます。それ以外にも化学療法があります。これはいわゆる抗がん剤治療ですが副作用が出るので、免疫療法と組み合わせて行われます。また内分泌療法というホルモン療法も効果があります。このように転移がんに対しても治療法が進化していますが、日常生活でのストレス解消や規則正しい生活習慣を保ち、がんの予防になる食生活にすることが大事になります。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る