転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

予後のQOLも考えた治療

看護師

症状を知って早期治療

5年生存率と呼ばれる咽頭がん術後の5年でどれだけの生存確率が期待できるかの数値は、ステージ1で80%から90%、最も症状が重いステージ4で約40%です。このようにステージが進行するとその分生存率が下がるため、がん細胞の早期発見と早期治療の工夫が最も重要となります。そのために知識として知っておきたいのが咽頭がんの代表的な症状です。症状は食物が呑みにくい、喉が痛む、首などの圧迫感を感じる、首にしこりがあるといったものです。また咽頭がんは難聴や耳鳴り、視力低下を引き起こすこともあります。このように咽頭がんの症状は非常に多岐に及んでおり、そのためこれらの症状について知り、日頃から意識をしつつ、万が一がん細胞が見つかった場合は、早期治療の工夫で完治を目指せます。

QOLの低下対策が進む

早期発見や早期治療を行うことができれば咽頭がんは完治させることができます。またある程度ステージが進んでいても、現在では放射線療法と抗がん剤であるフルオロウラシルやシスプラチンなどを組み合わせる療法でやはり治癒することが可能です。しかし咽頭がんの予後で問題となるのが、声帯への影響や食物の咀嚼飲み込みなどの人体機能への影響です。例えばがん細胞を完全に取り除いて治癒しても、これらの機能を失ってしまえばQOLの低下によって患者のこの先の生活が大変なものになります。そのため現在の咽頭がんの治療ではQOLを考えた治療が取り入れられつつあり、今後も同様の流れが加速すると見られています。そのために注目されている療法が放射線療法です。放射線療法ならば声帯も失わず、喉の機能もそのまま維持できる事が多いため、将来の咽頭がん治療の主流として期待されています。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る