転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

周辺臓器への拡大と生存率

ドクター

転移

胆のうがんは、胆のうにできるがんのことですが、胆のう自体が小さいために、他の周辺内臓に拡大していく場合が非常に多いです。その場合、がんの範囲は、胆のうはもちろん、胆管、肝臓、十二指腸など非常に広範囲です。手術をする場合、胆のうがんだけを切除すればよいのではなく、これらの部位もある程度、切除しなければ治療になりません。場合によっては、肝臓を丸ごと切除しなければいけない場合もあります。あまりにも拡大しすぎると、切除する部分が多く、身体に大きな負担を与えてしまうことがあります。そのため、身体の弱い人の場合は手術中に命を落としてしまうケースも報告されています。胆のうがんはこのような過酷な手術を受けなければ治療できない困難な病気です。

生存率や再発

胆のうがんは手術をして切除してもなかなか安心することができません。発見の早い、遅いで生存率は大きく変わります。早期発見の場合は、完全にがんを切除することができれば5年生存率は90%程度と極めて高いです。早期発見が非常に重要なことがわかります。また、拡大がまだ少なくて切除の手術が可能な場合は、5年生存率は40%になります。さらに、胆のうがんは再発率が極めて高いです。そのため、再発しないように体内環境をきちんと作ることが大切です。発症する年齢層は60歳以上の人が多いですが、若年層でも発症する人はいます。あくまでも中高年に多いというだけで20代の人も発症しています。普段から健康に気を遣った生活を送ることや定期的な健康診断を受けることが肝要です。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る