転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

胆のうは沈黙の臓器

診察室

早期発見が大事

胆のうがんは早期発見が難しいがんです。胆のうとは、胆汁をためておく場所です。胆汁は、食べ物の消化や吸収を補助する役割を持ちます。 胆のうがんは、初期の段階では自覚症状に乏しく見過ごされがちです。いつの間にかに胆のうだけでなく、肝臓・膵臓等の周辺臓器へ転移し、発見されたときは改善が難しい場合が多いようです。 腹部や背部の痛み、急激な体重減少や、黄疸症状が見られた場合は躊躇せず医師に相談することが重要です。進行の早いがんなので、早期発見早期治療が最も効果的です。 家族に胆のうがん患者がいた場合は、定期的に超音波検査やCT検査、血液検査を行うようにしましょう。 一人でがんを疑っていてもただ、ストレスが溜まるだけです。すぐに医療機関へ行きましょう。

胆石に要注意

胆のうがんの発病には、胆石による慢性的な炎症が関係しているという説があるそうです。胆管結石がある方の10%、胆のう結石がある方の約7%にがんは発病するというデータがあります。 結石の原因である、コレステロールの値が高めの方は普段の食生活を見直し、きちんと減量するなどの対策をとることをお勧めします。 胆のうがんの治療は、開腹手術が中心となります。胆のうがんの手術は、専門性の高い高度な技術が必要となる場合があります。早期の段階で病巣が摘出できれば、ほとんどの割合で完治します。しかし、うまくいかなければ、抗がん剤治療さえできない場合もあります。黄疸が表れた場合は、決して放置しないことが大切です。前述したように、早期発見が何よりも重要です。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る