転移STOP!がん細胞の進行は適切な医療機関で処置

コンテンツ一覧

悪性度が高いがん

医者

胆石の有無

最近は食生活が欧米化してきているので、コレステロールが成分になっている胆石が増えています。胆のうがんを発生するのは3センチ以上の胆石が誘発するといわれています。このような大きな胆石を持っていてその成分がコレステロールの時は注意が必要になってきます。女性の胆石は年代が上がるにつれて多くなっていきますが、胆のうがんのほうは70歳をピークにしてその後はだんだんと少なくなっていきます。70歳を超えてからの胆のうがんは、胆石の有無にはかかわりがないものと推測されています。ですから60歳以下で胆石がある人は胆のうがんになる恐れがあるということを自覚して適切に検査を行い、胆石の治療を行うことが非常に重要になってきます。

自覚症状がない

胆のうがんは早期の時には自覚症状がほとんどありません。胆のうの組織の中にはほかの臓器にあるような粘膜の下層がありませんので、早期の時はがん細胞が粘膜組織にとどまっているか、筋肉組織に混ざっている状態になりますので、強い発作や痛みが出ることはありません。進行がんになっても症状が出ないことも多くあって周辺の胃や大腸、すい臓に大きくがん細胞が広がって見つかることもよくあります。逆に痛みを伴ってくると大変に耐え難い痛みを伴います。短い間に体重がみるみると減っていき、黄疸も現れてくるようになります。胆のうがんはほかの消化器系のがんと比べて総数は決して多いという病気ではありません。ですが胆のうにがんができてしまうと、非常に悪性度が高くなっています。

おすすめ記事一覧

診察室

胆のうは沈黙の臓器

胆のうがんは、早期発見が難しい病気です。胆のうからがん細胞が溢れ、周囲の肝臓や膵臓、十二指腸等に移転する場合が殆どです。進行が早く、発見された時には手術さえ難しい場合もあります。もし、黄疸が現れたり、腹部や背部の痛みが長く続く場合は躊躇せず医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

看護師

予後のQOLも考えた治療

早期発見と早期治療こそが咽頭がんの治癒には大切であり、そのためにできる工夫として、咽頭がんの症状についてよく知って、日頃から意識しておくことです。また咽頭がんの治療は今後はQOL低下の対策が重視される見られ、現在そのために有効な治療法である放射線療法も普及すると予測されます。

詳しく見る

医者

予後不良のがん

すい臓がんは進行性であり、初期症状が乏しいです。初期に黄疸が出現する場合がありますが、ほとんどが浸潤・転移によって手遅れの場合が多いです。従来の治療でも予後不良の中、最近では免疫療法が注目されております。自分の免疫を体外で人工的に活性化してがん細胞を攻撃する効果が期待されます。

詳しく見る